Top
変形性脊椎症
2007年 06月 05日 |
以前うさこの背骨のレントゲンを撮ってもらったもらったのですが、それの説明を受けている動画は下記です。

変形性脊椎症の説明
[うさぎ][うさこ][レントゲン説明]
変形性脊椎症の説明
by terumi


『変形性脊椎症』とは背骨の老化の究極の姿

体の老化にともない、椎間板に水分が減って、厚さが薄くなって腰椎の変形が起こり、腰痛の原因になるのです。
腰椎に見られる変形性変化の代表は、椎体の角に棘(とげ)やくちばし状の骨が出てくる骨棘(こっきょく)ができます。
進行すると、上下の椎体の骨棘がつながって、あたかも橋を架けたようになってしまうことがあります(うさこがそれ
 
椎間板の厚みが薄くなることによって椎間板腔が狭くなり、脊柱全体がつめられたようになるために、その分身長が縮んだことになります。
また痛みといっても、椎間板ヘルニアのように足のしびれなどはありません。


うさこは立ち上がるとそのままの状態で後ろに転ぶ事が多かったので、それは何故なのかを尋ねたらこういう結果になりました。
やはり年をとると体のあちこちにガタが出て来るものです。
多分、骨折をしたので立ち上がる事はもうないかもね。。。
[PR]

by usachibi2001 | 2007-06-05 00:03 | うさぎ | Comments(0)
アクセス解析
レンタル掲示板